新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年10月16日 18時49分 UPDATE

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、転売が確認されたチケットは使用無効に より厳格に転売行為の撲滅目指す

ゲストの不利益をなくすため。

[ねとらぼ]

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を運営するユー・エス・ジェイは10月16日、不正な転売行為が確認された各種チケットについて無効化するなどより実効性のある対策で転売行為の禁止を徹底すると発表した。不正な転売行為によって生じる不利益からゲストを守るためと説明している。

USJ 転売、ダメ絶対

 これまでもUSJ側は転売行為について警告してきたが、事態を重く見て「チケットの転売禁止を徹底、転売行為そのものを排除」していくと宣言。今後は転売が確認された各種チケット(スタジオ・パス、ユニバーサル・エクスプレス・パス、チェックイン・パス、特別観賞エリア入場券など)すべてを、11月1日入場分よりQRコードを無効化するなどの方法によって、パークで利用できなくする。

 転売目的に買い占められたUSJの各種チケットの総額は約10億円にのぼると見られている。業者が転売目的で買い占めるるため、チケットが買えない、正規価格より不当に高い価格で取引されることもありゲストから是正を求める声もあがっていた。

USJ 中には正規価格の約7倍という不当に高い価格で取引が成立した事実もあった

 「ゲストが不要なコストを支払い、そのゲストの犠牲の上に転売業者が不当な利益を得ています。このような悪質な転売行為は、パークを適正な価格で体験されたいと思うゲストの皆様にとって多大な迷惑となっています」とUSJは今回の措置に踏み切った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事