新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年10月19日 13時43分 UPDATE

【今週の技術革新】マリオメーカー加算器が「45桁の入力」「1画面結果表示」「繰り返し計算」機能を実装しました

今後は計算速度の向上などが課題として上げられています。

[コンタケ,ねとらぼ]

 全国の2進数で100000000人いる「マリオメーカー加算器」ファンの皆さん、お待たせいたしました。今週の技術革新のお時間です。前回で2進数の32桁までの入力に対応しましたが(関連記事)、今回は「1画面に結果を表示」と「何度でも繰り返し計算」に成功し、さらにそれを改良して「45桁」まで計算できるようになった動画がそれぞれ公開されました。





 今回の新回路は、従来の回路が抱えていた「回路の使い捨てによる『環境問題』」「入力作業を行う配管工の劣悪な労働環境に伴う『人権問題』」「出力された結果の見にくさによるストレスから生じる『健康問題』」といったさまざまな問題を一挙に解決。マリオメーカー加算器にイノベーションをもたらす、まったく新しいアイデアといえます。


3大問題 マリオメーカー加算器が抱える3つの問題

 新回路のポイントは、回転ブロックの上に設置された3つのバネ。回転ブロックをたたくとバネの配置が変わり、出力となるメットの進路が変わります。これを入力A、入力B、桁上がりと横に3つ並べることで、出力を調整します。


加算器 従来とは大幅に見た目の変わった加算器

 そして最大のポイントは、出力結果表示。出力が0ならブラックパックンが、1ならPスイッチが画面上部のベルトコンベアから流れてきて並び、その場で結果が確認できるのです。従来のハテナブロック1つ1つが叩かれたかどうかを覚えていなければならない表示から、大幅に見やすくなりました。これには視聴者も大興奮。


表示 画面上部に結果が表示される。視聴者も沸きに沸いた瞬間

 仕組みとしては、最上部にストックされたブラックパックンとPスイッチがメットの挙動によってベルトコンベアにはじき出され、流れてくるというもの。まさかのカートリッジ式です。


表示 最上部にはブラックパックンとPスイッチのカートリッジが

 回路内には雲ブロックが大量に使われていますが、これもクラウドコンピューティングという時代の流れによるものではないかとのことです。ってやかまわしいわ。


表示 誰うま

 さらに、この回路を改良して45桁まで計算できるようにしたのが、2つめの動画です。内部を改良したことで縦の大きさに余裕ができ、ストックできるアイテムの数が改善されました。時間制限いっぱいまで入力できる力強さです。


45桁 45桁加算器


上部 上部はこんな感じ

 ついに計算結果が1画面で表示できるまでに進化した「マリオメーカー加算器」。次回の技術革新では、一体どこまで改良されるのでしょうか。なお、今後は計算速度の向上や、さらなる操作の簡易化が課題として上げられています。

(コンタケ)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事