新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年10月19日 19時20分 UPDATE

攻殻機動隊ファンも大満足のサイバー模擬戦可視化エンジン現る、その名は「AMATERAS零」

またNICTがやりやがった!

[西尾泰三,ねとらぼ]

 「攻殻機動隊」のサイバー感が全開の可視化エンジン「AMATERAS零」が国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)から発表されました。うぉぉカッコイイ!

AMATERAS零(全体図) 中央オレンジ色のサーバはきっとやばいやつだ(CTFの問題サーバです)
し、少佐! し、少佐!(実際には各CTFプレーヤーの得点や正答状況を表現)

 AMATERAS零はコンピュータセキュリティの技術を競う「CTF」(Capture The Flag)と呼ばれる競技の可視化エンジンとして開発されたもの。国内ではSECCONが開催しているCTFが有名で、そのSECCONが「攻殻機動隊」で描かれているテクノロジーや世界観を現実化するために始動した「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」とコラボ。素人目には何が行われているのか分かりにくいCTFで繰り広げられる攻防戦を可視化するため、NICTサイバーセキュリティ研究室が開発した可視化エンジンがAMATERAS零というわけです。

ここはチリチリする辺りだから潜るとやばそう ここはチリチリする辺りだから潜ると脳焼かれそう

 AMATERAS零の正式名称は「Advanced Multi-Actor Tactical Exercise Real-time Analysis System: Prototype Version 0」。ネーミングからしてNICTノリノリだな! 

問題に正答すると枝が付く おい枝付けられてるぞ!

 このAMATERAS零は、11月7日に神戸サンボーホールで開催予定の「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT × SECCON CTF for GIRLS」(攻殻CTF)専用のものだということですが、これならサイバー模擬戦を知っていても知らなくても100倍くらい楽しく見られそうです。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事