ニュース
» 2015年10月19日 19時20分 UPDATE

攻殻機動隊ファンも大満足のサイバー模擬戦可視化エンジン現る、その名は「AMATERAS零」

またNICTがやりやがった!

[西尾泰三,ねとらぼ]

 「攻殻機動隊」のサイバー感が全開の可視化エンジン「AMATERAS零」が国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)から発表されました。うぉぉカッコイイ!

AMATERAS零(全体図) 中央オレンジ色のサーバはきっとやばいやつだ(CTFの問題サーバです)
し、少佐! し、少佐!(実際には各CTFプレーヤーの得点や正答状況を表現)

 AMATERAS零はコンピュータセキュリティの技術を競う「CTF」(Capture The Flag)と呼ばれる競技の可視化エンジンとして開発されたもの。国内ではSECCONが開催しているCTFが有名で、そのSECCONが「攻殻機動隊」で描かれているテクノロジーや世界観を現実化するために始動した「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」とコラボ。素人目には何が行われているのか分かりにくいCTFで繰り広げられる攻防戦を可視化するため、NICTサイバーセキュリティ研究室が開発した可視化エンジンがAMATERAS零というわけです。

ここはチリチリする辺りだから潜るとやばそう ここはチリチリする辺りだから潜ると脳焼かれそう

 AMATERAS零の正式名称は「Advanced Multi-Actor Tactical Exercise Real-time Analysis System: Prototype Version 0」。ネーミングからしてNICTノリノリだな! 

問題に正答すると枝が付く おい枝付けられてるぞ!

 このAMATERAS零は、11月7日に神戸サンボーホールで開催予定の「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT × SECCON CTF for GIRLS」(攻殻CTF)専用のものだということですが、これならサイバー模擬戦を知っていても知らなくても100倍くらい楽しく見られそうです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  4. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  5. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  6. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  7. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  8. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  9. 湖西線・志賀駅のホームが超積雪 電車ドアが開くと雪の断面ドーンな動画が話題
  10. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー