ニュース
» 2015年10月19日 23時22分 UPDATE

世界から注目された日本人作成ゲーム「DownWell」、発売3日で開発資金を回収

おめでとうございます!

[池谷勇人,ねとらぼ]

 10月15日にリリースされたインディーゲーム「Downwell」(iOSSteam)の作者・もっぴん(@moppppin)さんが、「発売3日で無事開発費を回収することができた」とTwitterで報告しています。



 「Downwell」は果てしなく続く井戸の中を、ひたすら下へ下へと降りていくアクションゲーム。地形は毎回新しく生成され、途中には買い物ができるお店があったりと、ローグライク的要素も入っています。



 本作が注目を浴びるようになったのは昨年9月のこと。国内のインディーゲーム開発者が集まるイベント「Tokyo Indie Meetup」ではじめてお披露目されたところ、そのユニークな内容に、たちまち世界中のゲーム開発者から「なんだこれは!」と注目を浴びる結果に。当時もっぴんさんはまったくの無名でしたが、それもそのはず、このころはまだ学生で、ゲームを作り始めてわずか2カ月だったそうです(参考記事)。


画像画像 「ガンブーツ」と呼ばれる武器で、ガンガン敵を倒していくのが気持ちいい!

画像画像 井戸の途中には、パワーアップアイテムを売ってくれるお店も

 その後「Downwell」は世界的ゲームパブリッシャー・Devolver Digitalに見初められ、またたく間に全世界リリースも決定。ゲーム開発歴わずか1年の日本人クリエイターが、世界的パブリッシャーを射止めた驚きも相まって、インディーゲーム好きの間では、いつ出るのか、いつ出るのかと心待ちにされていた作品でした。

 実際どれくらいの開発費がかかっていたのかは不明ですが、何にしても、わずか3日で開発費を回収できたというのはすごいこと。気鋭の日本人ゲームクリエイターとして、ますますもっぴんさんの今後の活躍に注目が集まりそうです。

 「Downwell」はiOS版が360円、PC版(Steam)が298円でそれぞれ発売中です。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー