ニュース
» 2015年10月20日 23時26分 UPDATE

スター・ウォーズ新作に黒人が出演 → 一部の白人至上主義者がハッシュタグ「BoycottStarWarsVII」で抗議、批判の的に

当初は「スター・ウォーズはアンチ白人プロパガンダ映画だ」と主張するハッシュタグでしたが、現在はすっかり批判・大喜利タグと化しているようです。

[ねとらぼ]

 来る12月18日に公開を控えた、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。新たな予告編映像も解禁され(関連記事)、公開に向けて期待が高まる同作ですが、一方Twitterでは「#BoycottStarWarsVII」というハッシュタグが注目を集めています。

 直訳すれば「スター・ウォーズ エピソード7(フォースの覚醒)をボイコットしよう」。もともとは一部の過激な白人至上主義者が使い始めたハッシュタグで、主要登場人物の1人が黒人であったことから、「スター・ウォーズはアンチ白人プロパガンダ映画だ」と主張、見ないようにと呼びかけるものでした。

 しかし、当然ながらこのハッシュタグには、冷静なTwitterユーザーから「ひどいレイシズム(差別主義)だ」など強い批判が集まる結果に。現在は逆に、そうしたレイシストたちを批判したり、揶揄(やゆ)してからかったりするするハッシュタグになっているようです。







 こうした議論は最初の予告編公開時からあり、黒人の青年フィンがストーム・トルーパーのマスクを脱ぐシーンに対し、一部では「黒人がストーム・トルーパーなんておかしい」といった心ない声もあがっていました。


画像 予告映像より。当初から話題になっていた、黒人青年のフィン

画像 新しく公開された予告映像では、ブルーのライトセーバーを手に戦うシーンも



追記

 THE VERGEなどの報道によると、このボイコット活動は匿名掲示板「4chan」の一部ユーザーが作り出したもので、実際には存在していなかったとの見方もあるようです。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー