ニュース
» 2015年10月22日 18時19分 UPDATE

「真夜中の弥次さん喜多さん」が舞台化 東京と大阪で2016年1月に上演

江戸の町から“リヤル”を求めて旅に出る。

[笹原新之介,ねとらぼ]

 漫画家・しりあがり寿さんの代表作を原作とした舞台「おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』」が上演されます。東京のシアターGロッソで2016年1月10日から17日まで、大阪のサンケイホールブリーゼで1月22日から24日まで上演の予定です。


 「真夜中の弥次さん喜多さん」は、ワイルドな弥次さんと薬物中毒の喜多さんが“リヤル”を求めて江戸の町から“てめぇ探しの旅”に出る、幻想的な世界観の作品。監督・宮藤官九郎さんで映画化もされています。

 出演者は唐橋充さん、汐崎アイルさん、田上真里奈さん、富田麻帆さん、西山丈也さん、藤原祐規さん、松本寛也さん、松本祐一さん。歌やダンス、パフォーマンスを絡めたエンターテイメント舞台になっているということです。


 チケット料金はグリーン席が1万800円(税込)、指定席が7500円(税込)。一般販売は11月3日12時からです。


笹原新之介


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう