ニュース
» 2015年10月22日 21時16分 UPDATE

ヤクルト真中監督がドラフトで「外れくじ」を当たりと勘違い 力強くガッツポーズを決めるも訂正される珍事

光速のガッツポーズから急転直下のしょんぼり。

[たろちん,ねとらぼ]

 プロ野球ドラフト会議で、ヤクルトの真中満監督が外れくじを当たりと勘違いし、盛大にガッツポーズを決めてしまう珍事が起こりました。

ドラフト会議 プロ野球ドラフト会議

 明大・高山俊外野手をヤクルトと阪神が1位指名したことで、交渉権をかけたくじ引きに。真中監督は封を切った瞬間、ものすごいスピードでガッツポーズを決めて喜びを表現しました。これを見た阪神の金本知憲監督は自分のくじを開かずに席に戻り、そのままヤクルトが「交渉権確定」として進行。真中監督はその後のインタビューで高山選手に「一緒に神宮でがんばりましょう!」などとメッセージまで送ってしまいました。

真中監督 ドラフトの様子を見守る編集部(ブタさん)

真中監督 当たったああああああ!

真中監督 ヤクルトで一緒にがんばりましょう!

 ところがその直後、当たりを引いていたのは金本監督だったことが発覚。実はドラフトの外れくじは白紙ではなく「NPB」の印が押してあり、当たりくじはそれに加えて「交渉権確定」の印が押してあるのですが、真中監督は「NPB」の印を当たりの印だと勘違いしてしまったようです。金本監督のくじが当たりだと確認されたため、交渉権獲得球団は阪神に訂正されました。

ドラフト えー、真中監督が引いたのは外れくじでした

金本監督 金本監督「自分のくじ見てなかったわ!(ニッコリ)」

真中監督 真中監督「ええ……」

 まさかのどんでん返しに金本監督は「ビデオ判定で覆った気分」と笑顔に。一方、すっかりガッツポーズを決めてインタビューまでしてしまった真中監督は一転してしょんぼりしてしまいました。こうしたくじ引きでの「勘違い」は過去のドラフトでも起こったことがあるもの。ただし、今回一番驚いたのは間違いなく指名される側だった高山選手ですよね……。

たろちん

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー