新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年10月24日 01時18分 UPDATE

新「ルパン三世」オープニングが「片目で見ると立体的に見える」と話題に → ホントだああああ!

だまされたと思って!

[ねとらぼ]

 10月1日にスタートした、アニメ「ルパン三世」新シリーズのオープニングが「片目で見ると立体的に見える」と話題になっています。そんなバカな……と思った人は、だまされたと思ってぜひ試してみてください。




 うおおおお、ホントに立体的に見える!

 奥から手前へ、手前から奥へと縦横無尽に動きまわるルパン一味が、片目で見るとハッキリ立体的に感じることができます(フルスクリーンで見るとより立体的に)。特に圧巻なのが、次元が奥からこちらへ向かって銃弾を発射するシーン。2Dの映像なのに、ホントに弾丸が手前へ飛び出してくるような迫力があります。どうなってるのこれ……?


画像

画像

 実はこれ、ネットでは以前から「片目3D」と呼ばれているもの。奥行きのある映像を片目で見ると、脳が立体感を補おうとするため、平面なのに立体的に見えてしまうのだそう(逆に両目で見るとただの平面に見えてしまう)。ニコニコやYouTubeなどでは以前から、これを使った「片目3D動画」がけっこう投稿されていたりします。



 そしてもう1つ、この「ルパン三世」オープニングでは、少し前から海外で話題になっている「SplitDepthGIFs」と呼ばれる技術も応用されています。これは簡単に言うと、GIFアニメの中にタテやヨコの「分割線」を引くことで、映像に奥行きを出すというもの。以下は「SplitDepthGIFs」で検索して出てきた画像の一部です。


画像

画像

 「ルパン三世」のオープニングでも、よく見るとこれと似た「分割線」がさりげなく、いろんなところに入っているのが分かりますよね。

 「SplitDepthGIFs」をこうした形で、アニメーションに応用したのはおそらく初ではないでしょうか(※)。実際に試してみた人からは、「ホントだ!スゲー!!」「センスの塊ですか…素晴らしすぎる……」など、驚きや賞賛のコメントが寄せられていました。

※「SplitDepthGIFs」は過去、アニメ「六畳間の侵略者!?」のオープニングでも使われていたとのことです




Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事