新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年10月26日 16時05分 UPDATE

舞台版「ハリポタ」は原作の19年後を描いた正統後継作 ハリーと息子・アルバスに暗闇が忍び寄る

ワールドプレミア公演はロンドンのパレス・シアターで2016年7月30日上演予定。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 2016年に上演予定とされていた舞台版「ハリー・ポッター」の詳細が発表されました。タイトルは「Harry Potter and the Cursed Child」(日本語で、ハリー・ポッターと呪われた子ども)、ハリーと彼の末の息子・アルバスを中心とした物語が描かれます。

Harry Potter and the Cursed Child 「Harry Potter and the Cursed Child」公式サイト

 同作は、原作小説の第7作「ハリー・ポッターと死の秘宝」の19年後を描いた正統後継で、第8作という位置付け。脚本は原作者のJ・K・ローリングさんのほか、ミュージカル「ONCE ダブリンの街角」でトニー賞を受賞した演出家のジョン・ティファニーさんや、脚本家のジャック・ソーンさんらが執筆しています。

 学校に通う3人の子どもを持ち、魔法省での仕事に追われる中で、これまでのような英雄としての「ハリー・ポッター」であり続けることが困難になったハリー。息子であるアルバスにも、英雄の息子という重圧がのしかかり、それが苦痛になっていきます。そうした状況の中で、過去と現在とが不気味に混ざり合い、ハリーとアルバスはある不愉快な真実を知ることに。さらに想定外の場所から、暗闇が忍び寄ってくるという波乱の幕開けを感じさせるストーリーになっています。

 舞台は昼・夜、または二夜連続となる二部構成で、ロンドンのパレス・シアターで行われるワールドプレミア公演は2016年7月30日を予定。キャストは今後発表されます。

第7作「ハリー・ポッターと死の秘宝」 第7作「ハリー・ポッターと死の秘宝」

(宮澤諒)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー