新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年10月27日 21時00分 UPDATE

100年分の技術雑誌が読める! 技術系の雑誌だけを8000冊集めた「夢の図書館」をつくるプロジェクト

大正13年から現在まで91年間発行が続いている「子供の科学」などを収蔵。

[笹原新之介,ねとらぼ]

 明治・大正時代から現在までの100年分、約8000冊の技術雑誌を集めた図書館「夢の図書館」をつくるプロジェクトがスタートしました。現在、クラウドファンディングサイト「READYFOR」で支援金を募っています

夢の図書館 100年分8千冊の技術雑誌を集めた「夢の図書館」を公開したい!(READYFORより)

 「夢の図書館」では明治・大正・昭和初期、戦中・戦後の貴重な技術雑誌から、最近の技術雑誌までを収蔵。大正13年(1924年)から現在まで91年間発行が続いている「子供の科学」など、その時代の空気が味わえるラインアップです。

 収蔵されている雑誌のジャンルは、科学・技術、ラジオ・無線、エレクトロニクス、コンピュータ、模型・工作、船舶、鉄道、航空、漫画・アニメ、SF・映画、教育・学習、ライフスタイル、軍事関連など。目標を超える資金が集まった場合は、黎明期のマイコンを展示する「マイコン博物館」を併設する予定です。

 プロジェクト企画者の吉崎武さんは、1970年代に雑誌「月刊アスキー」の編集長として自身も技術雑誌作りに携わっていました。人生をかけて集めた貴重な技術雑誌を広く公開して、次の世代に伝える目的があるとのことです。

 

子供の科学 大正13年から昭和5年頃までの「子供の科学」(READYFORより)

マイコン博物館 目標を超える資金が集まった場合は「マイコン博物館」の併設も(READYFORより)

 支援者は支援金額によって「夢の図書館」の会員証や1日利用券などのリターンを受け取れます。集まった資金は、懐かしい記事や興味がある記事に誰もがめぐり合うことができるようにするためのデータベース開発と、蔵書を整理するための本棚購入に使われるということです。


笹原新之介


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事