ニュース
» 2015年10月28日 08時00分 UPDATE

自分のスマホに翼を授ける!? スマホ一体型ドローン「PhoneDrone Ethos」がクラウドファンディングで出資募集中

もっと気軽に空撮を楽しめそう。

[高城歩,ねとらぼ]

 普段使っているスマートフォンを装着するだけで、空撮が気軽に楽しめるスマホ一体型ドローン「PhoneDrone Ethos」がクラウドファンディングで出資を募っています。


画像 「PhoneDrone Ethos」(Kickstarterより)

 使い方はiPhoneやAndroidなどのスマートフォンを「PhoneDrone Ethos」にセットし、アプリで高度などを指定して飛ばすだけ。元々スマホに備わっているセンサーやプロセッサ、ワイヤレス機能などを活用しているのでドローン操縦の経験がなくとも扱える点がポイントです。Apple Watchからも操作・操縦が行えるという革新性もあります。

 ちなみに、飛行時間は15分から20分程度。 この「Ethos」から撮影された映像は鮮明で美しく、普通のドローンとなんら変わりありません。


画像 お手持ちのスマホをセットして……

画像 飛ばすだけ!

 でも空撮途中にスマホがずれ落ちてしまうんじゃないの……? という利用者の心配にもしっかり対応。保護機能も搭載されており、スマホを完全にホールドしてくれます。


画像 スマホをしっかりプロテクトします

画像画像 独自開発されたアプリの操作も簡単

 出資は5ドルより受け付けており、195ドルのコースから本体を受け取ることができるようです。なお、期限は12月1日までとなっていますが、すでに目標金額を達成しています。  

 自分のスマホに翼を授けてくれる「PhoneDrone Ethos」の登場により、空撮がもっと簡単で身近なものになるかもしれませんね!


高城歩


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー