新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年10月29日 13時19分 UPDATE

服にプリントすれば筋電・心電センサーに 東大、高性能な「導電性インク」を開発

「界面活性剤」の量が決め手に。

[太田智美,ねとらぼ]

 10月22〜25日に日本科学未来館で開催されたデジタルコンテンツEXPOで、布地にもプリントできる高性能な「導電性インク」が展示された。このインクは導電性・耐久性に優れ、筋電センサーなどにも実用性があるとしている。


導電性インク

導電性インク 布地にプリントすれば筋電センサーにも

導電性インク

導電性インク センサーがアプリと連動して体動などの数値を見ることができる

導電性インク

 例えば、スポーツウェアなどの伸縮性のある素材にプリントし、3倍以上伸張させるとする。その場合、従来の導体インクであれば導電性を維持することが難しかったり伸張にインクが耐えられなくなったりしたが、この導電性インクは違う。3倍以上伸張させても導電性は十分維持され、耐久性も高い。また何度も重ねてプリントする必要はなく、1度プリントするだけでOKという容易さも魅力だ。一体どのような仕組みなのか。


導電性インク

 実は、このインクのミソは界面活性剤を多く混ぜたこと。本来、界面活性剤はゴムと銀を馴染ませるために用いられるが、導電性インクに界面活性剤を混ぜることで高い導電性と伸張性を得ることができたという。


導電性インク 布地に回路をプリント

導電性インク 指で軽く押さえると、LEDが光る

 開発者は、東京大学工学系研究科博士課程2年生の松久直司さん。布地に簡単に生体情報センサーをプリントできれば、スポーツや医療分野にも応用できるとして研究・開発を進めている。「検査のときにわざわざ機械的な何かを身体に取り付けるのって嫌じゃないですか。これがあればもうその必要はない」(松久さん)。


導電性インク 東京大学工学系研究科 博士課程2年 松久直司さん

太田智美

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事