ニュース
» 2015年10月29日 17時47分 UPDATE

ついに実物公開に 女性型卓上ロボットアイドル「プリメイドAI」舞台へ

アイドルたちと一緒に踊る「プリメイドAI」が記者発表会で踊りました。

[太田智美,ねとらぼ]

 10月29日、DMM.make ROBOTSが監修・プロモーションを行う女性型卓上ロボット「プリメイドAI」の3種類のモデルが記者発表会で披露された。これまで映像やイラストでは紹介されていたものの、実物が実際に見られたのは今回が初めて。発表会ではアイドルたちと一緒に踊るプリメイドAIの姿が見られた。



 プリメイドAIは、ダンスに特化したロボット。なめらかな動きが特徴で、一家に一体の販売を目指している。


プリメイドAI

 プリメイドAIの企画・開発・製造に携わったのは、ロボットを用いた企画・演出なども行うロボットゆうえんち。これまで他のロボットの制作には携わっていたものの、プリメイドAIの開発期間は約半年と非常に短期間でのリリースとなった。ロボットゆうえんち代表の岡本正行さんは今回のプリメイドAIの開発について次のように話す。

 「コンセプトは、『自宅に劇場を作る』。これまで大勢のためにホールなどで踊ってきたダンスを自分のためだけに踊ってくれる。自分だけのために本格ダンスをしてほしいという思いからこのプリメイドAIは生まれた」(岡本さん)




 改善点は耐久性。現状では動作時間は満充電時で10分。立っているだけで多くのエネルギーを消費するため、一般への普及に向けては徐々に耐久性をパワーアップしていかなければならないと課題を挙げている。


プリメイドAI プリメイドAI

プリメイドAI プリメイドAI “マリ”

プリメイドAI プリメイドAI “ゆかり”

 予約販売は10月29日より開始。ロボットゆうえんちがデザインした「プリメイドAIベースモデル」(税別13万8000円)、イラストレーターの有坂あこさんがデザインした「プリメイドAI “ゆかり”」(税別14万5000円)、漫画家の佐久間結衣さんがデザインした「プリメイドAI “マリ”」(税別14万5000円)の3種類となる。“ゆかり”と “マリ”は初回限定300体のみの販売。

 今後は頭部の3Dモデルをオープンデータとして公開するほか、海外展開については来年早々の発表を予定している。

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  4. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  5. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  6. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  7. 「リゼロ」レムの誕生日ケーキが発売 双子の姉・ラムファンから悲しみの声があがる
  8. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  9. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる
  10. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー