新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年10月30日 12時35分 UPDATE

再現度高すぎだろ! 渡辺直美さんが国立新美術館「ニキ・ド・サンファル展」で美術品そっくりの姿に

渡辺直美さん「(作品が)どこからどう見ても私」。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 東京・六本木にある国立新美術館で開催中の「ニキ・ド・サンファル展」では、美術家・ニキ・ド・サンファルの生誕85周年に合わせたさまざまなイベントを実施する「ニキ・ウィーク」が10月30日まで開催中。ニキの誕生日である10月29日には、ニキ・ウィーク応援サポーターを務めるお笑いタレント・渡辺直美さんがお祝いに駆け付けました。

ニキ・ド・サンファル展 ニキ・ド・サンファル展

 ニキ・ド・サンファルは、戦後を代表する美術家の一人で、1961年に発表した「射撃絵画」はパフォーマンス・アートの先駆例として美術史上でも高く評価されています。代表作の一つに、ふくよかな女性をテーマにした作品群「ナナ」シリーズなど。同展では、国内史上最大規模の150点を超える作品を展示しています。

 「ナナ」をイメージした衣装で登場した渡辺さん。展示されている「ナナ」シリーズの一つ「逆立ちするナナ」を見た渡辺さんは「どこからどう見ても私なので、(ニキ・ウィーク応援サポーターは)私がやらないとダメだな、とすごく思いました」とコメント。作品の前に立ち、そのそっくりすぎる姿を披露(ひろう)しました。

渡辺直美さんと「逆立ちするナナ」 え? 双子?

渡辺直美さんと「逆立ちするナナ」 トランプの絵札みたいだな

 お笑いの仕事以外にも、ファッションブランド「PUNYUS」のプロデュースを務めるなど、クリエイティブな活動をしている渡辺さん。作品の感想を問われ「色使いが素晴らしいと思います。こんなに色をたくさん使っているのに、一つになっているというところが素晴らしいですね」と、クリエイターの視点に立ったコメントも。

 「ニキ・ド・サンファル展」は12月14日まで開催中。休館日は毎週火曜日で(11月3日は開館、11月4日は閉館)、10時から18時まで開館しています(毎週金曜日は20時まで)。当日券は一般1600円、大学生1200円、高校生800円(いずれも税込)、中学生以下は無料。

(宮澤諒)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事