新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月01日 13時30分 UPDATE

日本の新しいハロウィンの形!? 「地味な仮装のハロウィンパーティー」に参加してみたら情報過多で楽しすぎた

ハロウィンにノリきれない人だって楽しみたい!

[ちぷたそ,ねとらぼ]

 10月31日は近年急に日本でも定着した感のある「ハロウィン」。ハロウィンってなにそれおいしいの? ゲームの期間限定装備とかキャラクターが手に入る日でしょ? なんて人もいるかと思います。そんな筆者もウエイウェイしているであろう渋谷や六本木の地名をTwitterで検索して、「コワ……絶対に近づかないでおこ……」と思って傍観していました。でも今年は違うぞ!


画像 写真はデイリーポータルZ「地味な仮装のハロウィンパーティー」告知記事より

 ハロウィンになじめない人歓迎! デイリーポータルZが主催の地味な仮装で楽しむというハロウィンパーティー、「地味な仮装のハロウィンパーティー」に参加しました! 


画像 当日の会場の様子

 「地味な」仮装のパーティーだから、浮かれ感が出ていないので向かっている間も恥ずかしくない! 出入り自由形のイベントなので、途中会場(東京カルチャーカルチャー)近くのお台場散策もできる。地味な仮装はそれだけ自由度が高いのです。そんなわけでこちらでは思い思いの「地味ハロウィン」を楽しむ人達の一部をご紹介しようと思います。


画像画像 「ヴィレッジヴァンガード店員」の筆者と東北のサブカル女子(共通点はニット帽)、下町のロケット作ってる工場の経理と物流倉庫の事務の人

 会場内では初対面の人たちも、地味な仮装を通じて会話が生まれて一緒に写真を撮ったりしています。ハロウィンの楽しさってこういうところにあるのか……! 地味な仮装に触れたことでハロウィンの楽しさをわかり始めている筆者。ちなみに「東北のサブカル女子」は実際に仙台から駆けつけているそう。


画像画像 オタサーの姫と取り巻きの凸凹オタク、ハロウィン前日の人

 オタサーの姫は実際のオタサーの姫の写真の写り方をめちゃめちゃ研究したという。ハロウィン前日の人はドン・キホーテにこういう人めっちゃいる! 発想力がスゴイ……! みなさん日常的な人ばかりなのに、ここに広がっているのは非日常な空間。


画像画像 エクストリーム出社、証明写真(ガラス越し)

 アイドルの現場からエクストリーム出社を決めた人。証明写真さんはどこにいても大人気。証明写真の機械感が出る優れものでした。


画像画像 集まる店員(仮装の人)たち、紀伊国屋のブックカバー

 いろんな業種の店員が集まっているのを見るとここはショッピングモールの休憩室か!? という既視感。そして紀伊国屋のブックカバー。よく見るとポスカで書いてある大作なのです!


画像画像 掛け軸とその裏側

 掛け軸は存在感バツグンで、後ろで背負っているリュックで釣っている形です。たいへんクリエイティビリティにあふれておりました……!


画像画像 掛け軸に挨拶する病院から逃げてきた人、焼きそばを食べる病院から逃げてきた人

 いろいろな職業(の仮装)の人、さまざまなシチュエーション(の仮装)の人がいるので、意外な人同士が出会うとそこでドラマが生まれるのが面白かったです。


画像画像 同じチェックシャツの人でも左側は下北沢系で右側は秋葉原系・雨の日の自転車のおばちゃん

 どうして同じチェックシャツでもこうも与える印象が違うのだろう。そして雨の日の自転車のおばちゃんは実際にベルが鳴る仕様。


画像画像 話題になったあの人、……どういう状況だよこれ!

 昨年話題になったあの人(の仮装)も会場にいらっしゃいましたが、にこやかに「パチンコの新装開店のティッシュ配りの人」からティッシュを受け取っていてほっこり。


画像画像 運動会の保護者にナンのおかわりを持ってくる店員に……なんかもう情報過多。 歌舞伎町でカツアゲされるオタク

 写真1枚1枚の情報量が半端ねえ! もうおなかいっぱい通り越して胸やけを起こしそうな勢いですが、ここに掲載したのは参加者の一部にすぎません。普段よく見慣れている店員さんや社員さんが一堂に会すると圧巻なもので、日常的な仮装なのに非日常的という不思議な体験をすることができました。この記事を書いている今も興奮が冷めません……! もともと古代ケルト人が収穫を祝い、悪霊を追い払うというハロウィンが日本独自の進化をしていて面白いなぁ。私からは以上です。

ちぷたそ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー