新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月02日 08時14分 UPDATE

大太刀「蛍丸」復元のクラウドファンディング、目標の550万円を一日足らずで達成!

達成金額、伸び続けています

[たまごまご,ねとらぼ]

 大太刀「蛍丸國俊」を復元し、阿蘇神社に奉納する「蛍丸伝説プロジェクト」のクラウドファンディングが、一日かからずに達成し、いまだに金額が伸び続けています。

 11月1日0時からスタートし、目標額は550万円。わずか16時間で達成されました。550万達成時のサポーター数は198人でした。


画像 目標をはるかにこえて、達成金額は伸び続けています

画像 あっという間に増えていく

 クラウドファンディングの中には、270万円支援すると蛍丸影打(奉納刀を作る際に複数作られる兄弟刀。一振り限定)がもらえる、というものもあります。これは早々に募集終了。「奉納刀完成奉告祭参加権」や「奉納者名簿に載る権利」がある7万円も終了。その他5万円の募集も終了しています。

 福留房幸日本刀鍛錬場のFacebookでは「クラウドファンディングで企画を立ち上げましたので、成立させるためどうぞ御支援下さい!! という投稿をしようと思っていましたが…投稿する前に達成してしまいました」と書かれています。


画像 蛍丸の兄弟刀が手に入る唯一無二のチャンス、270万円

 蛍丸は、かつて阿蘇神社に安置されていた有名な大太刀。総長は4尺5寸(約136.36センチ)、刀身は3尺3寸4分5厘(約100.35センチ)あります。

 建武3年(1336年)、南北朝時代の南朝側の阿蘇惟澄が実戦で使用し、ガタガタになった刃に無数の蛍が群がった夢を見た翌朝、刃こぼれのない美しい姿に戻っていたという伝説があります。これが由来で名前が「蛍丸」と呼ばれるようになりました。

 戦後の混乱で失われてしまった蛍丸。この名刀を復元させたい、という願いから、福留房幸さんを中心とした「蛍丸伝説プロジェクト実行委員会」が動き始めます。


画像 ほとんどは岐阜県関市で作られた後、阿蘇神社で実演奉納されます


 5000円、1万円、3万円の支援は、引き続き募集中です。




たまごまご


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事