新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月03日 16時17分 UPDATE

小保方晴子氏の博士学位取り消しが確定 改訂稿は審査に付すべき完成度に達していないと判断

大学側に不備・欠陥があったと認め、猶予期間を設けていた。

[笹原新之介,ねとらぼ]

 早稲田大学は11月2日、元理化学研究所研究員・小保方晴子氏について、博士学位の取り消しが確定したと発表した

早稲田大学 早稲田大学における博士学位論文の取扱いについて(早稲田大学HPより)

 早大は2014年10月6日付で小保方氏の学位を取り消すと発表。ただし、大学側の指導・審査過程に重大な不備・欠陥があったと認め、再度の博士論文指導と研究倫理の再教育、博士論文の訂正のための猶予期間を設けていた(関連記事)。

 その後、何度か改訂稿が提出されたが、なされるべき訂正作業が終了しておらず、審査に付すべき完成度に達していないと判断した。小保方氏は猶予期間の延長を求めたが、これには応じないことを決定した。

早稲田大学 猶予期間が満了し、学位の取消しが確定(早稲田大学HPより)

 早大は小保方氏以外の博士学位論文についても、2006年以降2789本の調査を実施。「不正の方法により学位の授与を受けた事実」が判明した論文(学位取消しの対象)は発見されなかった。ただし研究の本質に関わらない部分において、引用不備などの訂正を要する博士学位論文は89本発見されたという。


笹原新之介


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事