新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月04日 20時30分 UPDATE

なにこの宇宙船! Apple新社屋「Apple Campus 2」の建設現場を空撮した4K映像がわくわくする

東京ドーム5.5個分の、ドーナツ型の建物が……!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 2016年に米国カルフォルニア州クパチーノで完成予定の、Appleの新社屋「Apple Campus 2」。建物がドーナツ型、電力供給の100%が再生可能エネルギーなど、デザインや環境面であらゆる画期的アイデアが盛り込まれているのですが、その建設現場を4Kの高画質で空撮した動画が公開されました。

Apple なんだこの宇宙コロニーは……!(※社屋です)

 生前のスティーブ・ジョブズが建設を発表したのは2011年ですが、各建物の外郭は大部分ができあがっているようです。一番目を引くのは、米メディアでも「宇宙船」と呼ばれているドーナツ型の建物。敷地面積は東京ドーム5.5個分の280万平方フィートという大きさなのですが、この規模で円状の建物が着々と構築されている様子は、一企業の社屋というよりはSF映画の宇宙コロニーの建設現場を見ているようです。

Apple 「Apple Campus 2」の完成予定図(Apple公式サイト動画より

AppleApple 空撮された、建設中のドーナツ型建物

Apple 横から見るとこんな空洞が

 ドーナツ型建物を横から見ると、壁はなく空洞になっています。完成予定図では横面はほぼ一面を窓ガラスにし、建物から敷地内の緑が見渡せる設計になるようです。敷地全体の面積は176エーカー(約71万平方メートル)と東京ディズニーランドの約1.4倍、その8割が7000本もの木々を植えた緑地になる予定。また窓は特殊な構造で設計し、建物内で1年の75%を自然の空調のみで過ごせる仕組みにするのだそう。

AppleApple このようにガラス張りになる予定

Apple 多目的施設もかなり建設が進んでいるもよう

 このほか、多目的施設では扇型のホールも作ろうとしていることがわかるなど、空撮動画からは「Apple Campus 2」のさまざまな建設過程が確認できます。完成予定図ではこんな未来のような社屋を本当に作れてしまうのか疑ってしまいますが、Appleが実現させる日は着々と近づいているようです。

Apple 完成予定図の全景。これが地球上に現れると思うとわくわく

黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事