新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月05日 15時01分 UPDATE

村上春樹の小説が初の電子化! 第1弾は「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

最新作「ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集」も11月21日に電子版と同時発売されます。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 村上春樹さんの小説「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」が電子書籍になることが分かりました。11月5日より主要電子書店で予約注文がスタートしています。発売日は12月10日、価格は780円(以下、税込)。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

 これまで、Webサイト「村上さんのところ」での読者とのやりとりをまとめた「村上さんのところ コンプリート版」や、「走ることについて語るときに僕の語ること」といったエッセイ、ノンフィクション作品は電子化されていましたが、小説が電子化されるのは今回が初。村上作品の電子化を熱望する声は多く、文藝春秋は今回のことが「電子書籍業界全体の活性化に繋がると考えられます」とコメントしています。

 また、最新作「ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 電子特別版」(1500円)の予約もスタートしており、単行本と同じ11月21日に発売予定。既刊エッセイ「若い読者のための短編小説案内」(550円)、「意味がなければスイングはない」(600円)も11月21日に配信開始となるほか、12月4日には「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の文庫版(788円)も発売されます。

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

(宮澤諒)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事