新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月06日 23時17分 UPDATE

レコードCD店「ディスクユニオン」が関西初オープン 店頭に100人以上の列、会計の整理券配布など大盛況

関西音楽ファン「うおおおおおお」

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 首都圏で展開されている音楽レコード・CD店「ディスクユニオン」から、関西初出店となる「ディスクユニオン大阪店」が11月6日に大阪府大阪市で開店しました。オープン前の早朝には店頭に列ができるなどお店の盛況ぶりがTwitterへ投稿され、大阪の音楽愛好家たちにとって待望の出店だったことがうかがえます。

ディスクユニオン大阪店 大阪店出店のイラストは、ディスクユニオンでおなじみ本秀康さんの「レコスケくん」

 「ディスクユニオン」は、国内外の音楽レコード・CDを新譜も中古品も販売するチェーン店。コアな音楽ファンを対象とした品ぞろえが人気で、新宿や御茶ノ水、渋谷には「ラテン・ブラジル館」「ジャズ館」「昭和歌謡館」といったジャンルを専門としたフロア・店舗も展開しているほどです。音源やDVD・Blu-ray以外にも、オーディオ機器や書籍、バンドグッズなどさまざまな商品を扱っています。

 大阪店はCDやレコードを6万枚以上そろえてオープン。ヘッドフォンやレコードバッグといった音楽雑貨、アクセサリーコーナーも展開し、音楽書やスコアなどを取り扱う「bookunion」も併設する総合的店舗となります。初日から3日間は中古廃盤セールを実施し、開店時間も2時間前倒して9時から営業。7時30分から入口前で入場整理券を配布し、場合によっては入場制限するという、混雑を見越しての開店となりました。

 実際Twitterには多くのお客さんが来店した様子が投稿されています。開店前にはお店前に100人以上の列ができ、開店後も会計待ちの整理券まで配布されるなど大盛況。「オープン行ったけど入られへんぐらいの人やった!」「レジ待ち842番とか言われてたw また今度ゆっくりこよ」と混雑ぶりがわかるツイートや、「5限終わりに梅田行ってdigってきた!いいレコード3枚買えた」など出店を喜ぶ声がつぶやかれました。


 大阪店でしか手に入らない、ディスクユニオンでおなじみ、本秀康さんのマンガ「レコスケくん」のイラストが描かれた限定トートバッグ(税別2000円)も販売されています。関西出店を待ち望んでいた人のみならず、多くの音楽ファンが足を運ぶお店となりそうです。営業時間は11時〜21時(日・祝は20時まで)、11月6〜8日のみ9時開店となります。

黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事