新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月07日 23時15分 UPDATE

プロ漫画家が「基本的なマンガ表現」と「顔マンガ」の違いを解説 「言われてみれば!」と話題に

勉強になります。

[ねとらぼ]

 月刊コロコロコミックで「仮面ライダーSD 疾風伝説」などを連載していた漫画家のかとうひろしさんが、Twitter(@mangakato)でマンガの描き方を解説しながら「『顔マンガ』というジャンルを作ったらいいのではないか」と提案しています。

 「顔マンガ」とは、コマ割りにおいて登場キャラの顔がメインに描かれた、いわゆるマンガ初心者が描きがちなタイプです。かとうさんは先日、この「顔マンガ」と「基本的なマンガ表現」の違いを説明。

 ストーリーマンガにおいては、「シーンの始まりに背景を描き、人物を配置して状況説明をする」「誰が主人公なのか分かるように描く」「複数の登場人物は、それぞれの位置関係が分かるコマを用意する」などが、基本的なポイントになると語ります。例えば背景があると読者に無意識のうちに状況を伝えることができるからです。「顔マンガ」はその点、読み手の想像力に依存するため、あいまいな伝わり方になってしまいます。

画像 ふむふむ(画像提供:かとうひろしさん)

画像 勉強になります

画像 なるほど

画像 分かりやすい


 では、「顔マンガ」はダメなのか? そうではありません。ストーリーマンガをこれで描こうとするから無理がでるだけで、「顔マンガ」でしか表現できない独特の領域だってあるはず。だから「ジャンルとして確立してしまえばいい」と言います。確かにそういう表現技法として共有されれば活性化に繋がりそうです。



 かとうさんの一連の解説には、「言われて見れば確かに」「へええええ」「とても勉強になった」「顔マンガと聞いて、真っ先に野中英次先生を思い浮かべた」などのコメントが寄せられていました。


画像 顔マンガのヒット作「魁!!クロマティ高校」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事