ニュース
» 2015年11月11日 11時53分 UPDATE

「死ぬ前にスター・ウォーズの最新作を見たい」夢をかなえたダニエルさん死去 妻のアシュリーさんが報告

「彼は今、神とフォースとともにあります」。

[高城歩,ねとらぼ]

 「死ぬ前にスター・ウォーズの最新作を見たい」と切望し、先日その願いを実現した米テキサス州在住のダニエル・フリートウッドさん(関連記事)が死去したことを、妻であるアシュリー・フリートウッドさんが報告しました。

 子どものころから「スター・ウォーズ」シリーズの大ファンだったというダニエルさん。ガンの一種である紡錘細胞肉腫と診断され、9月には余命1〜2カ月と宣告されていました。

 妻のアシュリーさんはFacebookに「ダニエルは最期の瞬間まで立派に戦っていました。彼は今、神とフォースとともにあります。眠るように静かに息を引き取りました。彼はこれからも私の憧れでありヒーローです」と投稿。最後に撮ったツーショット写真とともに夫の死を報告しています。


ForceforDaniel 「#ForceforDaniel」キャンペーン

 闘病生活を送るダニエルさんに公開前の最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を鑑賞させてあげたいという人々が「#ForceforDaniel」キャンペーンを展開し、配給元のディズニーと監督のJ・J・エイブラムスさんが所有する「Bad Robot Productions」を動かした結果、ダニエルさんの自宅でノーカットバージョンの上映が実現したニュースはつい先日報じられたばかりでした。


ForceforDaniel 「#ForceforDaniel」キャンペーンでは支援としてTシャツなども制作されていました

 今は神とフォースとともにあるダニエルさんの安らかな眠りをお祈りいたします。

高城歩

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー