新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月11日 16時30分 UPDATE

アニメ制作会社「マングローブ」が東京地裁より破産手続き開始決定受ける 「サムライチャンプルー」など制作

負債は約5億4446万円。10月1日には自己破産申請の準備に入っていました。

[高城歩,ねとらぼ]

 アニメ制作会社マングローブが東京地裁より破産手続き開始決定を受けたことが、帝国データバンクより明らかとなりました。



 同社は2013年10月期には年収入高約10億1700万円を計上していたものの、2014年10月期には約4億6000万円と半分以下に。今年に入ってからも業況は回復せず資金繰りがひっ迫した結果、10月1日には自己破産申請の準備に入っていました(関連記事)。申請時の負債は債権者約237人に対し約5億4446万円。


サムライチャンプルー サムライチャンプルー公式ホームページウェイバックマシン(アーカイブ)より

 マングローブは2002年に設立され、国内外で評価の高いアニメ「サムライチャンプルー」をはじめ「神のみぞ知るセカイ」「ハヤテのごとく」「Ergo Proxy」、昨今では「GANGSTA.」や劇場アニメ「虐殺器官」(原作:伊藤計劃)を制作しています。

高城歩

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事