新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月12日 11時21分 UPDATE

「まどマギ」「青エク」「ビビオペ」のソーシャルゲーム開発会社が破産 近年ヒット作なく負債は約4億

人気作品の版権を生かしたソーシャルゲームを開発してきたネクストリーと関連2社が、破産開始決定を受けました。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 「魔法少女まどか☆マギカ」「青の祓魔師」など有名な作品のスマホ向けソーシャルゲームを開発してきたネクストリーと関連2社が、11月2日に東京地裁より破産開始決定を受けました。東京商工リサーチによると、負債額はネクストリーが債権者67人に対し3億5451万円、3社で合計8億8399万円です。

ネクストリー ネクストリー公式サイト

 ネクストリーは2008年1月に設立したアプリ企画・開発・運営企業で、資本金は1600万円。SNSの集客力や口コミ力の高さに注目し、人気のあるマンガやアニメの版権を生かしたソーシャルゲームを中心に開発してきました。ゲーム化した版権タイトルは「魔法少女まどか☆マギカ」「青の祓魔師」「ハヤテのごとく!」「ビビットレッド・オペレーション」「ひみつのアッコちゃん」など。

ネクストリー Greeで配信されている、ネクストリー開発の「魔法少女まどか☆マギカ」ソーシャルゲーム

 MobageやGreeなど大手プラットフォームでゲームを提供していましたが、近年はヒット作に恵まれずに開発負担から資金繰りが悪化。2015年9月には預金が差し押さえられたことで立ち行かなくなり、事業の継続を断念しました。

 ネクストリーのバックオフィスに近い事業を展開していたALITOも負債額3億3626万円、ゲーム開発やITコンサルティングを手がけていたeエージェントも負債額1億9322万円と、ネクストリーに連鎖する形で破産手続の開始が決定。破産管財人には服部誠弁護士(阿部・井窪・片山法律事務所)が選任されています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事