ニュース
» 2015年11月12日 16時10分 UPDATE

ソフトバンクが同性パートナー証明書類による家族割引を可能に au、ドコモに続いての発表

なお、以前より同じ住所に住んでいることが確認できれば家族と認めていました。

[笹原新之介,ねとらぼ]

 ソフトバンクは11月12日より、同性とのパートナーシップを証明する書類による、家族割引などのサービスへの申し込みを受け付けます

ソフトバンク 同性パートナー証明書類による家族割引が可能に(ソフトバンクHPより)

 家族確認書類として、渋谷区の「男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」や、世田谷区の「パートナーシップの宣誓の取組み」などに基づく書類を認めることに。

 なお、ソフトバンクは以前より同じ住所であることが確認できれば家族と認めています。同性とのパートナーシップを証明する書類がなくても、同住所であれば家族であることを条件とするサービスが利用可能です。

ソフトバンク 対象となるサービス(ソフトバンクHPより)

 7月にはauが、10月にはドコモが同性とのパートナーシップを証明する書類に関する同様の発表をしていました。


笹原新之介


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー