新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月13日 20時15分 UPDATE

大山のぶ代さんがドラえもんと歩んだ26年間をドラマ化 「ずっと一緒だよ 〜声優・大山のぶ代物語〜」12月13日放送

大山のぶ代役を演じるのは鈴木砂羽さん。

[たろちん,ねとらぼ]

 大山のぶ代さんがアニメ「ドラえもん」の声優として過ごした26年間を描いたドラマ「ずっと一緒だよ 〜声優・大山のぶ代物語〜」の制作が決定しました。放送はNHK BSプレミアムで、12月13日22時から23時まで。

大山のぶ代ドラマ ずっと一緒だよ 〜声優・大山のぶ代物語〜

 大山さんがドラえもんや声優仲間たちと歩んだ26年間の日々を描いたドラマ。実は初期のドラえもんは一人称が「おれ」であったり、のび太に乱暴をする場面があるなど、現在のキャラクターとはかけ離れた部分も多くありました。多くの人がイメージする「強く優しいドラえもん」が誕生したのは、大山さんが「一人称は『ぼく』」「目上の人には敬語を使う」「友だちは大切に」など、ドラえもんを通して子どもたちに大切なメッセージを送り続けようとしてきたから。ドラマでは、大山さんがそうした思いを抱くようになった背景にある「辛い経験」なども描かれるそうです。

鈴木砂羽 大山のぶ代役の鈴木砂羽さん

 大山のぶ代役を演じるのは女優の鈴木砂羽さん。このほか、野村道子(しずか)役を田中美里さん、小原乃梨子(のび太)役を猫背椿さん、プロデューサー役を池田鉄洋さん、肝付兼太(スネ夫)役をドランクドラゴンの鈴木拓さん、たてかべ和也(ジャイアン)役を小川直也さん、夫の砂川啓介役を豊原功補さんが演じます。

たろちん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー