新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月16日 17時00分 UPDATE

Googleの自動運転車、警察に停められる 理由は「走行速度が遅すぎ」

法的には問題ありませんでした。

[ねとらぼ]

 米カリフォルニア州マウンテンビューで11月12日(米国時間)、Googleの自動運転車が走行速度を理由に警察に停められました。


 マウンテンビュー警察の公式ブログよると、同車は時速35マイル(約56キロ)のゾーンを時速24マイル(約39キロ)で走行。これにより後続車が渋滞を起こしていたため、担当の警察官が注意しようと近づいたところ“自動運転車”だと分かったとのこと。

 そして、停車後に関係者へ確認したところ、「ルール上、自動運転車は時速35マイル以下でしか走行できない」などの説明があり、警察側は合法と判断。事なきを得ました。


 Googleのプロジェクトチームはこれを受けて、「運転が遅すぎた? 人間が運転していたら、それを理由に呼び止められることは、あまりないのでは?」とコメント。安全上の理由から、自動運転の試作車では時速25マイル(約40キロ)を速度上限に設定しているそうで、「自動運転のテストは、距離にして計120万マイル(約193万キロ)実施している。人間であれば90年間の運転歴に匹敵するが、違反チケットを切られたことは一度もない」と述べています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー