新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月17日 00時00分 UPDATE

まじかあああああ! 「GANTZ」のフル3DCGアニメが来年公開! ミラクルジャンプでは奥浩哉先生原作のスピンオフ「GANTZ:G」がスタート

謎の情報サイト「GANTZ:X」もチェックしてみてくだちい。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 漫画「GANTZ」の新作フル3DCGアニメーション映画が2016年に公開されることが、11月17日発売のミラクルジャンプ12月号で発表された。同誌では、奥浩哉先生がストーリー&ネームを担当するスピンオフ漫画「GANTZ:G」の連載もスタートしている。

ミラクルジャンプ12月号 まさに特報

 誌面では、街中に巨大な球体・通称“ガンツ玉”が置かれているティーザービジュアルのほか、奥先生による描き下ろし表紙&新作イラストピンナップを掲載。制作に至るまでの経緯や制作過程の映像を見た感想などが収められたインタビューも収録されている。

ガンツ玉 これは……大阪? (C)奥浩哉/集英社

「今回の新作映画は僕の作品を忠実に、より深い部分まで再現できると思います。GANTZ 濃度が濃い、GANTZ 濃度 300%の映画になると思います!」(奥浩哉先生のコメント インタビューより抜粋)

 スピンオフ漫画「GANTZ:G」の物語は、2015年のある日に、修学旅行中の高校生を乗せた1台のバスに謎の事態が発生するところから始まる。史上最多の転送人数で幕を開けるとのことだが、詳細は誌面で確かめてほしい。作画は、ミラクルジャンプ「ブルーグラリア」でデビューしたイイヅカケイタ先生。

GANTZ:G 原作の雰囲気も感じられる絵柄 (C)奥浩哉・イイヅカケイタ/集英社

 さらに、これら新プロジェクトの重要な情報発信元として、新たな公式サイト「GANTZ:X」が公開。最新情報だけでなく、作品に関する考察やGANTZならではの仕掛けも楽しめるらしい。現在「パスワード:X」を入力することで何かが起こるとのことだが……?

GANTZ:X 一体どんな情報が手に入るのか

 「GANTZ」は、2000〜2013年にかけて週刊ヤングジャンプで連載されていたSFアクション漫画。累計発行部数2000万部(全37巻)を超える人気作で、2004年にアニメ化、2011年には主人公・玄野計役に嵐の二宮和也さん、加藤勝役に俳優の松山ケンイチさんを迎えて実写映画化も果たしている。

 およそ2年の沈黙を破って始まった今回のプロジェクト。これから一体どのように展開されていくのか、気になる人はGANTZ:Xにアクセスしてみてはいかがだろうか。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー