新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月17日 12時24分 UPDATE

これからこのパターンで行くわ! 話題の「10分どん兵衛」を作ってみた

+5分のじれったさに慣れよ。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 立冬を過ぎて温かいうどんが恋しくなる季節になりました。そんな折、飛び込んできた「10分どん兵衛」なるキーワード。一体どういうことなのでしょう。気になって試してみました。

 「きつねどん兵衛」といえば日清食品の定番カップうどん! 熱湯をかけたらカップめんより2分長い5分でできあがりという、ちょっといじらしい待ち時間がなんとも言えない冬の国民食です。

 そのいじらしさをさらに引っ張って、なんと10分も待ってから食べるという気の長い技があるというのです。しかもこれがなかなかな評判とのこと。うどんと言えば断然どん兵衛派の筆者としてはいても立ってもいられず、早速試してみました。

いつものどん兵衛を用意 いつものどん兵衛を用意。せっかくなので特盛りでGOGO
熱湯を注いで、タイマーを10分にセット 熱湯を注いで、タイマーを10分にセット。普段よりかなり長い待ち時間に空腹度が増してきます
できあがり。うどんの様子がいつもより太めな気が できあがり。うどんの様子がいつもより太めな気が
混ぜてみるとやはりふにゃふにゃ感が! 混ぜてみるとやはりふにゃふにゃ感が!
しかし、ふにゃっとしているけどコシはしっかり。思っていた以上のかみ応えが! しかし、ふにゃっとしているけどコシはしっかり。思っていた以上のかみ応えが!

 完食してのまとめですが、一言で表せば「これからこのパターンで行くわ!」。めんの硬さは程よく、つゆが染みてる分ボリューム感もあり、つゆが熱すぎず猫舌の筆者でも安心して食べられます。

マキタスポーツさんのブログ。インスタントめんに書かれたゆで時間にはかねて疑問を持っていたとか マキタスポーツさんのブログより。インスタントめんに書かれたゆで時間にはかねて疑問を持っていたとか

 この10分どん兵衛。もともと一部で話題になっていたものに俳優のマキタスポーツさんがいち早く反応。ラジオ番組「東京ポッド許可局」で紹介したのがきっかけでさらに反響が広がったようです。

 マキタスポーツさんは「『このめんは10分のゆで時間でも耐えられるように作ってあるんだよ』ということが裏側には隠されていた」と持論を展開していますが、インスタントラーメンのパイオニアである日清なら確かにやりかねない気にさせられます。

 でも、考えてみたらお湯を入れたままうっかり長時間放置してしまうのはよくあることで、それでもクレームが付けられないような予防線を張るくらいはメーカー側も考えているかもしれません。真偽は分かりませんが、少なくとも10分ならどん兵衛のおいしさは余裕で維持できること、さらに別の楽しみ方ができることが分かったのは収穫でした。

ADAKEN

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事