新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月18日 13時55分 UPDATE

飲むかまぼこに、かまぼこロボ 小学生考案の“夢のかまぼこ”を実際に作ったサイトに無限の可能性感じる

かまぼこ誕生1000周年となる2115年では、かまぼこは飲み物。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 かまぼこのロボット、飲むかまぼこ………全国の小学生が考えた“夢のかまぼこ”を実際に作ってみたコンテンツサイト「つくってみました 夢のかまぼこ」を、11月15日に全国蒲鉾(かまぼこ)水産加工業協同組合連合会(全かま連)が公開しました。子どもの自由な発想を大人が具現化したことで、かまぼこの斬新な姿が並んでいます。

かまぼこ

かまぼこ 小学生のアイデアを試作してしまった「飲むかまぼこ」。なんてこったい

 サイトは、かまぼこの誕生900周年プロジェクト「KAMABOKO ROAD TO 1000」の一環として全かま連が企画したもの。かまぼこが初めて文献に登場したのは平安時代の1115年(永久3年)で、同連では2015年をかまぼこ誕生1000周年への未来に向けた1年目として、かまぼこの無限の可能性を追求していきます。11月15日も「1115年」にちなんで「かまぼこの日」と制定しました。

 そこで全かま連は100年後にどんなかまぼこがあるとうれしいか、全国の小学生から「夢のかまぼこ」を募集。1000通以上のアイデアから8点を選び、できる限りの試作品や完成予想図をサイトで公開しました。

かまぼこかまぼこ 小学生の考えたかまぼこジュースが、具現化……!

 インパクト大なのが「飲むかまぼこ」です。自動販売機から気軽に買える、栄養がとれておいしいかまぼこのジュースが飲めたら、という小学2年生のアイデアを具現化。職人の手でかまぼこを酵素分解してドロドロにし、ゼリー飲料のようなパックに詰め込みました。グラスに注いだ見た目はおせじにもおいしそうとは言えませんが、キノコと混ぜあわせておいしいポタージュに仕上げているそうです。なるほど、「かまぼこは飲み物」の未来が来るかもしれない。

かまぼこかまぼこかまぼこ 肩がつみれ、腕がちくわな「かまぼこロボ」

 ほかにも練り物を組み合わせて超合金ロボっぽい姿にした「かまぼこロボ」や、かまぼこをうずまき状のペロペロキャンディーそっくりに見立てた「キャンディかまぼこ」など、かまぼこの新境地が数々と披露されています。お弁当の仕切りによく使われる「バラン」をかまぼこで代用した「かまぼこバラン」という実用的なものも。すげぇ、かまぼこってすげかったんだ……とユーモアとともに可能性を感じとれる取り組みになっています。

かまぼこ あめと見せかけかまぼこがペロペロできる「キャンディかまぼこ」

かまぼこかまぼこ かぼこでお弁当を仕切っちゃう「かまぼこバラン」

 サイトでは8点すべてを解説付きで紹介中。また全かま連は「900周年。祝っているヒマなんて、ない」と、かまぼこの100年後を夢想する「KAMABOKO ROAD TO 1000」公式サイトを公開中。「100年後、かまぼこは地球を救う」「100年後、かまぼこ職人はハリウッドスターより人気」といった想いを、クールなBGMトラックとイラストともに披露しています。かまぼこ、アツい……!

黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー