新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月22日 13時00分 UPDATE

閲覧注意:虫を食べるお祭り「東京虫くいフェスティバル」、今年も開催するぞおおおお!!!

さあ、今年こそ、勇気を出して行ってみよう!

[浅井由起子/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 ニッポンはグルメ大国だ。和洋中などオチャノコサイサイ、そればかりか想像もつかないような国々の料理も食べられる。パスポートを持たずしてグルメ世界一周も不可能ではないかもしれない。

 そんな日本で味わえる食べ物の中でも特に刺激たっぷりのグルメ(?)イベント「東京虫くいフェスティバル」が、11月23日に東京都港区で開催される。


画像

 それは野菜でも肉でもない食材、そう「虫」だ。「罰ゲーム?」と思うなかれ、この「東京虫くいフェスティバル」に集う参加者は“おいしい虫”を愛してやまない愛好家ばかり。肉や野菜といった食材と分け隔てなく愛しているらしいのだ。

 第6回となるフェスティバルでは、日本で唯一の昆虫料理研究家・内山昭一氏が作り出す「昆虫食」を存分に堪能できるほか、日本各地の昆虫食レシピを味わうことができる。さぁ、どの虫から食べようか! 蟻のプチプチと潰れる食感、コオロギの足が歯の隙間に挟まるほどのカリッと感は、ソッチ側の通にはたまらないだろう。ちなみに天然もののセミの幼虫はオススメらしい。

 ところで、筆者の知人に、罰ゲームで中国の屋台で販売されているセミの素揚げを食べたことのある者がいる。どんな味だったか感想を聞くと、

「か、噛んだ瞬間はパリッとして香ばしくいい食感なんですが……うっ……その後ソーセージの皮が弾けるようなパチッという音とともに、中からーーーーーぅああああああああああーーーーー中からぁぁぁーーーーーク、クリーミーな何かがドピュッと出てきたんですうわあああああああああああ」

とのことだ。なるほど。


画像 昆虫料理研究家・内山昭一氏

画像 セミの幼虫を使った料理

 そのほかにも、大学教授・昆虫料理研究家・虫食いライターといったその道のエキスパートが参加。彼らの昆虫料理に対する熱いトークを聞けば、昆虫料理への関心も深まることだろう。「昆虫料理なんてありえない」という人、百聞は一見に如かずのことわざに倣い、一度その世界を体験してみるといい。案外ハマっちゃうかもしれない。

「東京虫くいフェスティバル!Vol.6」

開催日時:2015年11月23日(月・祝)15時30分〜20時(開場15時)

会場:SHIBAURA HOUSE (東京都港区芝浦3-15-4)

料金:3500円


(浅井由起子/LOCOMO&COMO)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事