ニュース
» 2015年11月23日 11時00分 UPDATE

深夜に都内をただただ歩き回る「深夜徘徊の会」は瞑想や座禅に似た感覚を味わえるらしい

「深夜徘徊の会」。略して「徘会」だそう。

[隈崎大樹/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 街をさまよい歩く「徘徊」。この、あてもなく歩きまわる行為をイベント化したものが都内で行われている。

 その名もズバリ「深夜徘徊の会」。略して「徘会」といわれるこのイベント、集まった参加者で何をするのかというと、約3時間のコースをただ「歩く」というもの。なんともアバウトな内容で驚くが、主催の「一般社団法人いっぱんじん連合」の代表者曰く、深夜徘徊には多くの魅力とメリットがあるという。

 それは、昼間の街にはない刺激と冷静の世界に自らを放り込むことで、自分との対話ができるということ。日頃、悶々としている仕事やプライベートの問題を、暗闇のなかの澄んだ空気を吸いながら歩き続ければクリアになる。言わば座禅や瞑想が求める精神統一と似た現象にあるというのだ。

 イベントのもようは以下の写真を参照いただきたい。


画像 参加者を待つスタッフ


画像 休憩はコンビニで


画像 ゴール時にはすでに朝……

 なお、このイベントはすでに21回も行われており、毎回10人を超える参加者が徘徊を楽しんでいる。参加者層も20代から50代と幅広く、職業も学生・サラリーマン・自営業・無職など、さまざまな人が集まっているのだ。また、総参加者300人以上、総徘徊距離200キロメートル以上という実績から、多数のメディアからも取り上げられている。

 参加動機は「特に予定が無かった」「偶然暇だった」「なんとなく」「夜風に当たりたくなった」……と非常にハードルが低い。この超脱力系イベント”、一度参加をしてみると意外とハマるかもしれない。近いところでは28日にも実施されるらしい。詳細はWebサイトで確認のこと。

(隈崎大樹/LOCOMO&COMO)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう