新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月23日 19時08分 UPDATE

Googleが映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公開にノリノリすぎてGmailをはじめGoogleマップ、YouTube、Chromeなどにいろいろ仕込む

フォースと共にあらんことを。

[ねとらぼ]

 Googleが11月23日、「google.com/starwars」を公開した。サイトでライトサイドかダークサイドを選ぶことで、GmailをはじめGoogleマップ、YouTube、ChromeなどのGoogleのアプリが選んだサイドによってデザインなどが変更される。

Google

 映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開されると聞いたGoogleのエンジニアらが「検索になにかスター・ウォーズ的なものが出てきたらかっこよくない?」「もし銀河標準語をGoogle翻訳で解読できたらどうする?」などいくつものアイデアを出し合った結果、ファンによるファンのための場所を公開するに至ったとブログで説明している。


  • Gmail:選んだサイドによって、ローディング時に表示されるプログレスバーがライトセーバーに変化。ライトサイドは青に、ダークサイドは赤が表示される。Gmailの背景画像も選んだサイドによって変更される。
  • Googleマップ:デスクトップでは、ペグマンが「ファーストオーダーストームトルーパー」か「反乱軍のパイロット」に変化。モバイル版では「自宅」と「職場」を示すアイコンが、選んだサイドによって変化する。また、Googleマップナビでは、「TIEファイター」か「X ウィング」が目的地までナビする。
  • Chrome テーマ:Chromeブラウザで新しいタブを開く度に、スターウォーズをテーマにした背景画像が表示。Chrome拡張機能をインストールしてほしい。
  • YouTube:プログレスバー、シークエンスバー、ボリュームコントロールが、選んだサイドのライトセーバーに変化。
  • Google カレンダー:「それほど遠くない昔、はるか彼方ほどではところにある銀河系で……」起きたスターウォーズに関する出来事が、選んだサイドにあわせてカレンダーに追加される。
  • Chromecast背景設定:スター・ウォーズの画像がChromecastの背景画像に表示される
  • Google Now:スター・ウォーズに関するトリビアが、Google Nowカードで自動的に表示される。

 Googleでは「イースターエッグ」などいくつもの仕掛けを用意しており、「内なるフォースを覚醒させ、遠い昔、はるか彼方の銀河系の物語から生まれた“もの”たちをぜひ探してみてください」とのこと。今後も映画公開までの間、さまざまな仕掛けが明らかになっていくようだ。

Google

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事