新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月24日 17時15分 UPDATE

“プーさん”は歯周病を患っていた!? 「くまのプーさん」のモデルとなったクマの頭蓋骨が英博物館で初展示

甘いものを食べ過ぎちゃったのかも。

[高城歩,ねとらぼ]

 「くまのプーさん」のモデルになったクマの頭蓋骨が、イギリスのハンテリアン博物館にて初展示されています。


画像 イングランド王立外科医師会のサイトより

 ハンテリアン博物館はイングランド王立外科医師会が管理しており、歯科学分野のコレクションなどが保管されています。今回「くまのプーさん(“Winnie-the-Pooh”)」のモデルとなったメスのクロクマ「ウィニペグ」の頭蓋骨も、クマにおける歯科衛生事情を知ることができる資料としての展示となっているようです。

 「くまのプーさん」の原作者であるミルンが息子であるクリストファーとともに訪れていたというロンドン市内の動物園で飼育されていた「ウィニペグ(愛称:ウィニー)」。頭蓋骨を調査した結果、どうやら子どもたちから甘いものを与えられていたなど、その食生活が原因となって歯垢が溜まった結果、高齢であったことも要因となり慢性的な歯周病を患っていたことが分かりました。そうだったのか……! しかしながら、子どもたちから直接お菓子を与えられるぐらいおとなしいクマだったという点も驚きです。


画像 「プーさん」のモデル「ウィニペグ(ウィニー)」の頭蓋骨

 イングランド王立外科医師会は「博物館を訪れる大人や子どもたちは、現実のウィニーについて学ぶ機会となり、ミルンが彼女からどのようにインスピレーションを得ていたかが分かるでしょう」「私たちのコレクションから浮かび上がるウィニーの物語や存在は、動物の健康について学ぶことが、世界中の“種”に対する理解をいっそう深めてくれると思い出させてくれるはずです」と述べています。

 その死後80年ほど保存されていたという頭蓋骨。私たちが知らなかった“プーさん”の事実が次々と判明し、とても興味深いですね。

高城歩

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー