新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月25日 15時35分 UPDATE

日本文藝家協会「著作権侵害の非親告罪化には慎重であるべき」 声明を発表

著作権法改正には「特段の配慮を要望する」としている。

[ねとらぼ]

 日本文藝家協会は11月24日、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)で著作権侵害の一部を「非親告罪」とすることで合意したことを受けて(関連記事)、「著作者の告訴なしに捜査機関の判断で起訴できる『非親告罪化』については慎重であるべき」との声明を発表した

日本文藝家協会 声明全文

 声明では、非親告罪化によりコミックマーケットなど二次創作物が摘発される可能性があると指摘。著作権者の意思とは無関係に、捜査機関が特定の人物を監視して著作権侵害が疑われる事例で検挙するなど、当局によって恣意的に適用される懸念が払拭できないことから、「表現者が萎縮させられる可能性が皆無とは言えない」。そのため、著作権法の改正には「特段の配慮を要望する」としている。

日本文藝家協会 日本文藝家協会 公式サイト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー