新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月27日 17時00分 UPDATE

東日本大震災後に発売中止となった「絶体絶命都市」最新作が復活! ゲーム内容の見直し、表現の強化も

版権を取得したグランゼーラが制作を進めていることを発表。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 東日本大震災の後に発売中止となったゲーム「絶体絶命都市」の最新作を、グランゼーラが制作していることが発表されました。タイトルは、元のタイトルに「Plus」を付け加えた「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」に変更。制作途中のバージョンのプロモーションビデオが公開されています。発売日は未定。

 「絶体絶命都市」シリーズは、大きな災害が発生した都市からの生還を目指すサバイバル・アクションアドベンチャーゲーム。制作していたアイレムソフトウェアエンジニアリングは、2011年3月11日に発生した東日本大震災の3日後、「絶体絶命都市4 -Summer Memories-」の発売中止を発表しました。今回再制作を担当するのは、同社から独立した社員が設立したグランゼーラで、2014年末に同シリーズの版権を取得しています。

 ストーリーは、就職活動のために土地勘のない街を訪れた主人公が、大地震に遭遇するというもの。地震が続くなか、崩壊してしまった都市からの脱出を図ります。発売中止されたバージョンからゲーム内容の見直し、表現の大幅な強化を行ったとのこと。ハードもPS3からPS4に変更されています。


絶体絶命都市


絶体絶命都市


絶体絶命都市

マッハ・キショ松

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー