新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月27日 22時40分 UPDATE

ハリー・ポッターが息子にスネイプ先生の名前をつけた理由 作者がTwitterで語る

ハリーが息子に「アルバス・セブルス・ポッター」とつけた理由を作者が説明しています。

[ねとらぼ]

 ハリー・ポッターが息子にスネイプ先生の名前をつけたのは「許しと感謝」から――「ハリー・ポッター」シリーズ作者のJ・K・ローリングさんが自身のTwitterでこのように語っています。

スネイプ先生 セブルス・スネイプ(公式サイト「Pottermore」より)

 ハリーの次男の名前は「アルバス・セブルス・ポッター」。アルバスはダンブルドア校長の名で、セブルスはスネイプ先生の名前です。「どうしてハリーの息子にスネイプの名前をつけたのですか? 彼(スネイプ先生)は皆に意地悪だったので、知りたいと思って」とTwitterで聞かれたローリングさんは「スネイプはリリー(ハリーの母親)への愛ゆえに、ハリーのために死にました。ハリーは許しと感謝から、彼に敬意を表したのです」と答えました。

 ハリーにつらくあたっていたスネイプ先生ですが、後にハリーを守っていたことが明らかにされました。このためローリングさんの「許し」という言葉に疑問を覚えたファンもおり、「スネイプはハリーに悪意を持っていませんでした」と反論。これに対してローリングさんは「そうではありません。スネイプはジェームズ(ハリーの父親)への憎しみと嫉妬をハリーに投影していました」と説明しています。

 「スネイプをたたえることで、ハリーは心の中で自分も許されることを願ったのです。ホグワーツの戦いでの死は永遠にハリーにつきまとうでしょう」ともローリングさんは語っています。

 アルバス・セブルスはハリー・ポッターシリーズの続編「呪われた子ども」に登場。同作は2016年に舞台上演されます。

Harry Potter and the Cursed Child 舞台「Harry Potter and the Cursed Child」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー