新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年11月30日 19時45分 UPDATE

胸元を強調したポスターが不適切 美濃加茂市によるアニメ「のうりん」のコラボに批判の声

キャラクターのキービジュアルを使用。セクシーな格好をしており、人目に触れるポスターには不適切だとする反応が現れています。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 美濃加茂市(岐阜県)の観光協会がアニメ「のうりん」とコラボして実施しているスタンプラリーのポスターに対して、Twitter上で批判の声があがっています。巨乳という設定の「良田胡蝶」の胸元が強調された画像を大きく掲載しており、「行政が用意したポスターと知ってびっくりした」「セクハラになるのではないか」などの反応が現れています。


画像 「良田胡蝶」の格好が、人目に触れるポスターには不適切だとする批判があがっています

 「のうりん」は美濃加茂市をモデルに、農業高校の学生たちの生活を描いた作品。同市はコラボによるPR活動を頻繁に行っており、2014年に行われた献血キャンペーンのポスターには、スタンプラリーと同様のイラストが使用されています。

 観光協会に電話取材したところ、スタンプラリーのポスターをTwitter上に投稿したのは11月の初めで、Web上で批判の声が寄せられるようになったのは28日ごろから。実際には駅前にしか貼られていないにもかかわらず、一部では街中に貼られていると誤解している人もいるとのこと。スタンプラリー自体は2014年から4回にわたって行っており、ポスターには各キャラクターのキービジュアルを掲載しています。同作にはセクシーなシーンもあるものの、作品全体として見ればPRに使用しても問題ないという認識だそうです。

 駅前のポスターは、すでに自粛として撤去されています。ポスターの図柄、スタンプラリーの企画内容の変更など、その他の対応については現在、検討中です。


画像 以前のスタンプラリーのポスター


画像 同様のイラストは献血のキャンペーンでも使用されています

マッハ・キショ松

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事