新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年12月01日 17時45分 UPDATE

松田龍平がインテリボンクラな”21世紀版寅さん”に! 映画「ぼくのおじさん」2016年秋公開

「寅さん」ならぬ「おじさん」のシリーズ化も狙っているそうです。

[田下愛,ねとらぼ]

 北杜夫さんの同名児童文学を原作とする映画「ぼくのおじさん」が、2016年秋に公開されることになりました。

映画「ぼくのおじさん」 “インテリボンクラ”なおじさんと甥の雪男

 「ぼくのおじさん」は、大学の臨時講師として哲学を教えながら、兄の家に居候し、お金もなければスポーツもできない、そのくせ屁理屈をこねまくる、ちょっと困った“インテリボンクラ”なおじさんの姿を、兄夫婦の息子・雪男の目線で描いたコミカルな作品。

 そんなおじさんを演じるのは、人気俳優の松田龍平さん。そして、ふがいない叔父をときに怒り、ときに助けるしっかり者の甥・雪男役は、度重なる選考を勝ち抜いたという子役の大西利空(おおにしりく)さん。脚本は「探偵はBARにいる」シリーズなども手掛けた須藤泰司さん、監督は「天然コケッコー」などの山下敦弘さんが務めます。

 ダメおじさんの甥っ子との触れ合いや恋を描く「ぼくのおじさん」は、あの懐かしき“フーテンの寅”こと寅さんと、妹のさくらやおいちゃん、おばちゃん、そして甥の満男らが活躍する名作映画シリーズ「男はつらいよ」を彷彿(ほうふつ)させる作品。「男はつらいよ」の寅さんといえば、毎回マドンナに恋をして、最後に振られるのがお約束でしたが、この松田龍平さん演じるおじさんの恋は果たして叶うのか、気になるところですね。

「ぼくのおじさん」原作本の挿絵は和田誠さん 原作本の挿絵は和田誠さん

松田龍平さんのコメント

映画”ぼくのおじさん”で、おじさん役をやることになりました。
“ぼく”が、哲学者で変わり者のおじさんを観察するところから始まる物語は、ほのぼのしていて、どこかノスタルジックですごく面白いと思いました。
“ぼく”の雪男は大人びた少年なんですけど、演じている利空は撮影の本番ギリギリまで遊んでたりするやんちゃなヤツで、その現場の空気感がとても心地良かったです。ハワイの撮影では、現地のスタッフも合流して、日本の撮影とはまた違った濃厚な日々でした。ぼくとおじさんの思索の旅が日本からハワイへ広がって、映画の中にどう溶け込んでいるのか、僕自身も楽しみです。

山下敦弘さんのコメント

今回「ぼくのおじさん」を映画化するにあたって個人的にチャレンジの連続でした。
例えば“子供たちに観てもらえる映画にする!”とか“初の海外ロケ!”など至るところで様々な壁にぶつかる…はずだったんですが、肝心なその壁が柔らかく優しかったので心地よく現場を終えることが出来ました。たぶんそれは原作者・北杜夫さんの作品世界のおかげだと思っています。
楽しい原作と素晴らしいキャスト・スタッフで作った「ぼくのおじさん」を楽しみに待っていてください。

(C)1972 北杜夫/新潮社

 

田下愛

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事