新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年12月02日 22時10分 UPDATE

「DEAD OR ALIVE Xtreme3」欧米では発売されず コーエーテクモゲームスがコメント

「女性キャラの描写」が理由で欧米で発売されないかのような投稿が波紋を呼んでいましたが……。

[ねとらぼ]

 コーエーテクモゲームスは、ゲーム「DEAD OR ALIVE Xtreme3」(DOAX3)が女性の描写を理由に欧米で発売されないと話題になっていた件についてコメントを発表しました。

DEAD OR ALIVE Xtreme3 DEAD OR ALIVE Xtreme3

 発端は11月にDEAD OR ALIVEの公式Facebookページに、ファンの質問に対してDOAX3が西洋では発売されないと答えるメッセージが投稿されたこと。「ビデオゲーム業界で、女性の扱い方について多くの問題が起きている」といったことも書かれており、セクシーな女性キャラが登場する同作に厳しい目が向けられることを考えての決定ではないかとみられていました。この投稿は波紋を呼び、同シリーズの生みの親・板垣伴信さんは「なぜだ。彼らはチキンなのか」などと批判。このFacebook投稿は現在削除されています。

 コーエーテクモゲームスの米国・欧州法人は12月2日に、当該のFacebookの投稿は、投稿したスタッフの個人的意見であり、同社の見解や事業戦略を反映したものではないとする公式コメントを発表。「世界中のファンに最高のものを提供すると同時に、世界のさまざまなオーディエンスをサポートするため、尊重し戦略を練っている」とし、DOAX3の発売については日本とアジアでのみ計画していることを明言しています。

DEAD OR ALIVE Xtreme3 コーエーテクモゲームスのコメント

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー