新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年12月04日 16時30分 UPDATE

宮崎吾朗監督のアニメ「山賊の娘ローニャ」、シンガポールの国際コンクール「ベスト2Dアニメ部門」で最優秀賞を受賞

「第20回アジア・テレビジョン・アワード」での受賞。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 宮崎吾朗監督による初のテレビアニメシリーズ「山賊の娘ローニャ」が、12月3日に開催された「第20回アジア・テレビジョン・アワード」でベスト2Dアニメ部門・最優秀賞を受賞した。

アニメ「山賊の娘ローニャ」番組公式サイト アニメ「山賊の娘ローニャ」番組公式サイト

 同賞は、1996年に創設されたシンガポールのテレビジョン・アジア誌が主催する国際コンクール。ドラマ・報道・バラエティ・アニメなど40以上の部門で優れた作品を表彰しており、今年は合計1400を超える作品がエントリーした。

「第20回アジア・テレビジョン・アワード」公式サイト 「第20回アジア・テレビジョン・アワード」公式サイトより

 「山賊の娘ローニャ」は、「長くつ下のピッピ」などで知られるスウェーデンの作家、アストリッド・リンドグレーンによって1981年に書かれた児童文学が原作。中世ヨーロッパ風の世界に広がる雄大な森を舞台に、山賊マッティスの一人娘であるローニャの成長が描かれる。各キャラクターを3DCGによって立体的に描き出した上で、手描きの質感を加えるという独特の表現を採用。風景にもCGを取り入れるなど、宮崎監督による新たな表現への挑戦が感じられる作品だ。

 ドワンゴ、NHK、NHKエンタープライズによる制作で、2014年10月11日〜2015年3月28日に掛けてNHK BSプレミアムで全26話が放送された。なお、スタジオジブリも制作協力として参加している。

山賊の娘ローニャ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー