ニュース
» 2015年12月05日 14時44分 UPDATE

えっそんな抱き方するだけで? 赤ちゃんを一瞬で泣き止ませる方法をアメリカ小児科医が紹介

その名も「The Hold」。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 アメリカの小児科医が紹介している、赤ちゃんを一瞬で泣き止ませる方法がYouTubeで話題になっています。こんな抱き方一つで大人しくなるの? と驚いてしまうほどシンプルななだめ方です。

 紹介者は、カルフォルニア州サンタモニカの小児科医のロバート・ハミルトンさん。約30年で何千人もの乳児と接してきた彼は、ここ数年でどの赤ちゃんも泣き止んだという方法「The Hold」を動画で披露してくれます。

泣き止ませ方 まずは両腕を胸でたたませて

泣き止ませ方 片手で抱え、さらにもう片手でおしりをつかんで、斜め45度の姿勢に

泣き止ませ方 おしりをぐらぐら揺らしながら、体全体を上下前後左右に優しく動かしてあげればOK

 まずは赤ちゃんの両腕を自分の胸の前にたたませ、その両腕を片手で優しく包み込みます。次にもう一方の手でおしり全体をつかんで固定。赤ちゃんを前かがみで45度の姿勢に保ったまま、おしりをぐらぐら揺らしつつ、体全体を上下や左右前後に揺らしてあげる――というのが「The Hold」です。

泣き止ませ方 胸を抱えた手の人差し指と親指で、赤ちゃんのあごを支えてあげるのもポイント

 動画ではロバート医師が2人の乳児に「The Hold」をやってみせるのですが、彼が説明しながらその抱き方を取るとものの数秒で赤ちゃんは泣き止んでしまいます。あまりの落ち着きの早さに、隣で見ていたお母さんも口を開けたまま苦笑するほど。

 「The Hold」でも泣きやまない場合は2つの可能性が考えられるとロバート医師。体調が良くないか、お腹が空いているかです。もっとも適しているのは生後2、3カ月後の赤ちゃんで、それ以降だと体が重くなりすぎるため要所で赤ちゃんを抱えられなくなってしまうと注意を促しています。

黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  4. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  5. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  6. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  7. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  8. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  9. 湖西線・志賀駅のホームが超積雪 電車ドアが開くと雪の断面ドーンな動画が話題
  10. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー