新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年12月10日 15時20分 UPDATE

米コーネル大学が世界で初めて体外授精による犬の誕生を発表 代理母が7匹のかわいい子犬を無事出産

遺伝による病気を根絶する手がかりにもなりそうです。

[高城歩,ねとらぼ]

 米コーネル大学の研究チームが世界で初めて体外受精で子犬が誕生したことを発表しました。


体外受精 米・コーネル大学のリリースより

 犬の体外受精に関しては1970年代半ばから研究が行われていましたが、受精卵の凍結などの技術的問題が長年の課題だったようです。

 研究チームによると今回の研究により問題をクリア。代理母となる犬に19もの胚を移植した結果、代理母は今年の夏にビーグル、ビーグルとコッカスパニエルの雑種を含む子犬7匹を無事に出産しました。7匹の子犬は健康で元気に成長しているとのこと。


体外受精 すくすく育ってね

 このような体外受精技術の研究が進むことにより、絶滅危惧種の保護・維持をはじめ、遺伝性の病気などを根絶する手掛かりが得られます。さらに、実は人間と犬には似た症状の病気が350以上もあるため、犬の疾患の研究は人間の医学研究にも役立つのだとか。

 体外受精で誕生した7匹の子犬たちが医学的な意義とともに、地球上における“種”の未来を明るく照らしてくれることを期待しましょう。

高城歩

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事