ニュース
» 2015年12月11日 18時30分 UPDATE

ふりかけを持ち運べる「ゆかりペンスタイル」がネットで話題 わずか半日で1カ月分の取り扱い量に達し欠品に

「びっくりしました」(担当者)。

[ねとらぼ]

 三島食品(広島県広島市)が通販で扱っている赤しそのふりかけをサインペン型の容器に入れた「ゆかりペンスタイル」が、たった半日で1カ月分の取り扱い量に達し、現在欠品するほどの人気となっている。

ゆかりペンスタイル ゆかりペンスタイル

 2014年11月、銀座の広島県のアンテナショップと県内の道の駅 舞ロードIC千代田の2カ所での取り扱いを始めた同商品は、今年7月から通販サイトでも販売しているが、これほどまでに瞬発的に話題になるのは初めてだと同社の広報担当者は驚く。

 「ゆかりペンスタイル」の長さは約14センチ。キャップを外すと直径1.5センチのペン先の穴からふりかけが出てくる仕組みだ。内容量は6グラムと少量だが、1食分には申し分ないし、無くなれば詰め替えることができる。

ゆかりペンスタイル 無くなったら詰め替え

 元々は「ポケットに入るサイズが欲しい」と同社の社長が試作品を持ち歩いたのが始まり。試作品からささっとゆかりを焼酎にふりかけて飲んでいると周囲の受けがよかったという。商品化した当初は1日100個程度だったが、増産を重ね1日600〜800個ほどの生産量となっていた。しかし、ネットで話題となると10日の昼ころから注文が入りはじめ、その日の夜には注文を締め切らざるを得ない状態となった。

ゆかりペンスタイル ゆかりの特設サイト

 現在、12月17日の出荷再開に向けて生産体制を整えているとのこと。「ゆかりペンスタイル」の価格は500円。通販以外では先述したアンテナショップと道の駅の2カ所で取り扱っているが、それも現在入荷分のみとなる。

ゆかりペンスタイル ごはんにかけたい

ゆかりペンスタイル ペン入れに仕込む「ゆかりペンスタイル」があまりにも自然

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  4. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  5. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  6. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  7. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  8. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  9. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる
  10. 「リゼロ」レムの誕生日ケーキが発売 双子の姉・ラムファンから悲しみの声があがる

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー