ニュース
» 2015年12月14日 16時07分 UPDATE

「今年の新語」大賞は「じわる」 三省堂の辞書に「マイナンバー」や「LGBT」「インバウンド」とともに今後掲載されるかも?

ベスト10に選ばれた言葉には、編者による「国語辞典風味」の語釈が。ほかにも「ドローン」や「着圧」「言うて」などもランクイン。

[ねとらぼ]

 三省堂の辞書を編む人が選ぶ「今年の新語」ベスト10が発表され、「じわる」が大賞に選ばれた。

 新語は一般から公募を行い、応募総数延べ667語(異なり435語)に、編集部が候補を加えた中から辞書編纂のプロである選考委員が一語一語厳正に審査し選定した。ベスト10には、実際の編者がそれぞれ「国語辞典風味」の語釈(語の解釈・説明)を与えているのが特徴。大賞に輝いた「じわる」では以下のような具合だ。

じわ・る(自五):〔副詞「じわじわ」+動詞構成の接尾辞「る」〕はじめはそれほど印象を受けなかったものが、時が経つにつれて次第にじわじわとした感情がこみあげてくる状態になる。「魚の正面顔ばかり集めた写真集、―わね」〔主に若者の間で用いられる俗語的表現〕(「新明解国語辞典」風)

じわ・る(自五):〔俗〕おもしろさなどが、じわじわと感じられる。じわじわ来る。「シュールなイラストが―」〔二〇一〇年代に広まった ことば〕(「三省堂国語辞典」風)

じわ・る<自動五段>:注意深く見たり考えたりしているうちに、面白さなどの感覚がだんだん強くなる。「―写真」[類]くる。オノマトペ要素の「じわ」に「る」がついたもの。類例に、「ぱくる」「へたる」などがあるが、そう多くはない。(「三省堂現代新国語辞典」風)

今年の新語

 3種の国語辞典それぞれの性格によって、説明のしかたも少しずつ異なっている。トップ10は以下のとおり(語釈はこちら)。

  • 1位:じわる
  • 2位:マイナンバー
  • 3位:LGBT
  • 4位:インバウンド
  • 5位:ドローン
  • 6位:着圧
  • 7位:言うて
  • 8位:爆音
  • 9位:刺さる
  • 10位:斜め上
  • 選外:とりま、エンブレム

 若者やネット民を中心に今年特に使われるようになった「じわる」や「言うて」、制度や社会の動きを反映した「マイナンバー」や「インバウンド」「LGBT」、災害時や配送などに役立つが規制の対象でもある「ドローン」、美脚・健康志向を受けて出現した「着圧」のほか、既存の語を新しい意味で使い始めた「爆音」「刺さる」「斜め上」がランクインしている。

今年の新語

 三省堂が募集する「今年の新語」は、あくまで「今年特に広まったと感じられる新語」であって、必ずしも「今年生まれた言葉」ではない。その中から、「特定のジャンルやコミュニティーに偏らないよう、使用者層や使用域の広がりと使用頻度の高さを考慮しつつ、来年以降も使われてゆくであろう日本語を辞書編纂のエキスパートが慎重に選定」したとのこと。

今年の新語

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー