新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年12月14日 23時00分 UPDATE

初音ミクが探査機「あかつき」に乗って金星に到着 公式ブログがプロジェクト完了を報告

「あかつき」には初音ミク、はちゅねの金属プレートが搭載されていました。

[高橋史彦,ねとらぼ]

 金星探査機「あかつき」が金星周回軌道に投入されたことを受けて、初音ミク公式ブログが「ミクとはちゅねも、5年半の長旅の結果、とうとう金星に到着した」と報告しています。そうです、「あかつき」には初音ミクとはちゅねミクが乗り込んでいたのです。

初音ミク公式ブログ 初音ミク公式ブログ

 こちらは元々、ネットユーザーの有志が企画したもの。2008年に“初音ミクを宇宙へ送る”ことを真剣に考える人々が現れ、JAXAの「募集したメッセージを金星へ送る」というキャンペーンを受けて、ネット署名を展開。「1万筆集まったらパネル1枚が専用で使える」とのJAXAの提案に、1万3849人集まり、最終的に3枚のパネルにミクとはちゅねのイラストが掲載されることになりました(参考:ソーシャル・メディア衛星開発プロジェクトSOMESAT)。


 イラストはピアプロ公式コラボとして募集し、最優秀賞・優秀賞などが、12×8センチの金属プレート3枚に刻まれました。ミクたちを搭載した「あかつき」は2010年5月に打ち上げられ、当初の予定では同年12月に金星周回軌道に投入する予定でしたが、メインエンジンの故障により失敗。丸5年の月日を経た今月7日、姿勢制御用エンジンでの再投入が成功し、無事金星に辿り着きました。

初音ミクイラスト あかつきに搭載されたイラスト

初音ミクイラスト ユーザーのメッセージで描かれている(拡大図)

 同ブログでは「この報告のエントリをもって、無事本公式コラボは完了しました」とプロジェクトの成功を伝えながら、「『あかつき』は、金星探査のミッションを終えた後も、はるか遠い未来の先まで、金星を回り続けるのだそうです。皆様の思いと願いを刻みこんで、ミクとはちゅねの宇宙の旅はずっと終わることがありません」とつづっています。

関係者のコメント

参考記事(2010年)

高橋史彦

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー