新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年12月15日 07時00分 UPDATE

堤幸彦監督のもと「真田十勇士」が映画&舞台化 メインキャストに中村勘九郎、松坂桃李、大島優子

2014年、日本テレビ開局60年記念で舞台化した「真田十勇士」が帰ってくる。

[坂本徹,ねとらぼ]

 2014年に日本テレビ開局60年を記念して舞台化した「真田十勇士」の映画&舞台化が決定しました。ともに2016年9月公開予定、舞台は「新国立劇場中劇場」で上演されます。同時期に小説も出版予定。

 演出は映画監督の堤幸彦さん、脚本はマキノノゾミさん。2014年の舞台でもタッグを組んだ2人が再び力を合わせ、映画と舞台で「真田十勇士」の壮大で濃密な世界観と人間ドラマを描き出します。「決意も新たに再演に向かって走り出したところに映画化の企画が加わりました。舞台と映画をほぼ同時に行うというものすごいイベントになることでしょう」(堤監督)。

「真田十勇士」キャスト 霧隠才蔵役の松坂桃李さん、猿飛佐助役の中村勘九郎さん、火垂役の大島優子さん

 主演は2014年に引き続き映画、舞台ともに中村勘九郎さん。おとぼけなキャラクターでありながら実は十勇士イチの策士とされる猿飛佐助を演じます。「佐助は頭の回転がものすごく早く、常に何か考えていて、最終的には彼が状況を操っていくほどの策士、独特の間をつくってそれを表現したい」(中村さん)。佐助をやらせたらこの人しかいないと監督に言わしめた中村さんが、所狭しと飛び回る猿飛佐助をどのように演じるかが見どころの一つとなりそうです。

 また、映画版のメインキャストでは、佐助とともに真田十勇士を支える霧隠才蔵役を松坂桃李さんが、佐助と才蔵を翻弄する火垂役を時代劇初出演の大島優子さんが演じます。「以前の舞台では『お待たせしました、あなたの霧隠才蔵です』なんていうぶっ飛んだキメ台詞のインパクトの強い役。映画版ではこの台詞自体はないけれど、真田十勇士の中で、とびきりクールでかっこいい、“水もしたたるいい男”霧隠才蔵として、最後まで駆け抜けたいです」(松坂さん)、「くの一らしく演じながら、想いを寄せる相手と接する時には、普通の女の子らしさも出したいと思っています」(大島さん)。

2014年の舞台「真田十勇士」 2014年の舞台「真田十勇士」公式サイト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事