新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年12月15日 07時15分 UPDATE

富士山を一望する高所を400メートル歩くだと……!? 日本最長の人が通れる吊り橋「三島スカイウォーク」オープン

渡りきれる気がしない。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 12月14日、静岡県三島市に「箱根西麓・三島大吊橋(愛称:三島スカイウォーク)」がオープンしました。全長400メートルと、人道吊り橋では日本最長の長さ。富士山や駿河湾、伊豆の山並みが一望できる高さとロケーションも備えています。

画像 絶景なり!

 吊り橋の幅は車イス同士がすれ違うことが出来るよう1.6メートルとられており、手すり部分はメッシュ構造で透過性の高いものに。渡った先には展望デッキがあり、ゆったりとしたスペースで雄大な景色を眺める事ができます。

 展望デッキ周辺のワゴンでは限定グッズとして、ヒノキの間伐材を利用した木製のチャーム「flower drop(フラワードロップ)」も販売。自然にちなんだ言葉がランダムで書かれていておみくじのように楽しめるほか、花の種も付いています。橋の上から願いを込めて種を投げると、いずれは下に花畑ができるはず……というロマンチックな仕掛けも。

画像 一息つくのに良さそうなデッキ
画像 花の種がついたチャーム「フラワードロップ」

 吊り橋の手前には1年中花が咲き誇る建物「スカイガーデン」があり、地元のお土産を購入したり軽食やドリンクをとったりも可能です。

画像 スカイガーテン外観
画像 気になるお店が沢山!(三島スカイウォーク公式サイトより)

 入場料金(吊り橋を往復する料金)は、大人1000円、中高生500円、小学生200円、幼児は無料。営業時間は9時〜17時(最終入場16時30分)、年中無休ですが、悪天候の場合は通行を制限する場合があります。富士山などの景色が魅力的な新スポットですが、高所恐怖症の方にとっては勇気を振り絞らないと渡りきるのが難しそうな気がします。

画像 アクセス方法もいろいろ
画像 12月14日にオープン!

(神奈川はな)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事