新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年12月15日 13時36分 UPDATE

東芝、広範囲の映像から人や車の数を計測する「世界最高性能」の技術を開発

人やものの位置を「ベクトルで表す」技術がキモとなっています。

[太田智美,ねとらぼ]

 東芝は、1台のカメラで広範囲を撮影した映像から、人や車の数を高精度に計測できる技術を開発した。この技術は、人や物が重なっている映像や対象物が非常に小さく映っている場合でも計測可能。監視の平準化や省力化、混雑緩和対策などに応用できる。


東芝技術開発

 この技術は、人やものの位置を「ベクトルで表す」という東芝が独自に開発した技術。各画素で存在確率を学習する従来の技術に対し、この技術では人数と人物の位置のみを統計学習、計算量が少なくなり正答率が上がる。


東芝技術開発

 同技術は、各大学が手法の評価を目的として公開している「評価用画像データ」で評価した結果世界最高性能を実現。世界トップの性能の平均絶対誤差2.50人という値を出した。

太田智美

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事