ニュース
» 2015年12月15日 22時11分 UPDATE

日経新聞、ラッパーになる? ある記事のタイトルが韻を踏みすぎていてTwitter民がリスペクトしまくる

これは声に出したくなる見出し。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 日々いろんな新聞社から記事の見出し(タイトル)がタイムラインに流れてくるTwitter。先日から日本経済新聞電子版のある見出しが「ラップみたいだ」と指摘され大きく共感を集めています。その名も「パソコン苦境、見えぬ展望 東芝・富士通・VAIO統合」。確かに、韻も踏めば語呂もリズミカル、絶妙なリリックだぜメーン!


 記事は12月4日に掲載。東芝と富士通、VAIOの3社がPC事業を統合する検討に入ったことから国内PC事業の苦境を示す、経済紙らしい内容です。

 しかしTwitterユーザーの@sukimabitoさんは、見出しの違和感にしっかり気づきました。12月13日に記事を引用しながら「ラップじゃん」とツイートしたところ、約3万7000回リツートされるほど話題に。「くちずさんでしまったw」「声に出して読みたい日経」と共感の声が寄せられました。「苦境」「展望」「統合」の韻がそろうわ、3・3・7拍子のリズムで読めるわ、異様な語感の良さと記事内容とのズレが笑いを誘います。

 日経電子版広報部の公式Twitter(@webkanpr)は今回の反響に対し、「見出し語をつけるのは整理部という部署の専門記者でして『限られた字数で』『必要な情報を』『読みやすく配置』します。その結果、韻を踏むことになったのかもしれませんね……」とラップのようになった理由を推測。同記事の本紙での見出しは「パソコン3社事業統合」「東芝・VAIO・富士通統合」「国内シェア首位浮上」と特に変わった点はありません。電子版において読者が把握しやすい見出しを考えたところ、たまたまラップっぽくなってしまったのでは。

 「韻を踏んでるのは楽しいけど内容が悲しいぞ? うわあ統合しないで」「ラップで草生えたけど内容自体は笑えない」など、見出しのキャッチーさから記事が伝える事実を受け止めたという人も。リズム感だけでなく社会の動きを広く報じる意味でも秀逸な見出しとなっています。

ラップ ちなみに東芝や富士通は3社統合について「当社が発表したものではありません」と発表

黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  4. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  5. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  6. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  7. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  8. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  9. 「リゼロ」レムの誕生日ケーキが発売 双子の姉・ラムファンから悲しみの声があがる
  10. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー